ペローの原作で大変有名な物語「シンデレラ」。その作品のもっとも巨大な主題『人の思いは歴史をつくり、世界と時代をつくりだし、素晴らしい人間をつくりだす』という極めつけのテーマを松山バレエ団清水哲太郎の構成、台本、演出、振付によりクラシックバレエ化し、1990年満を持して初演いたしました。松山バレエ団の「シンデレラ」は、2009年更に美しい生き方、働き方をの深部を映すように新しい演出を加え続け、「どんな境遇でもまわりの人を愛し、感謝をもって生き、自分の人生仕事日常を通じて魂を磨いていく」ことをテーマとして加えつつ継続上演されています。 めげず、へこたれず、くじけず、あきらめず、音をあげず、手を抜かず、投げ出さずに逃げないで無心に無欲で生きようとする、あまりに純に明るく一途で愚直なシンデレラの前には、苦悩が待ち伏せ、後悔と失望が付きまとうどんな宿業が襲ってこようとも、親から蓄積した、正しい理性と知識と知恵と情熱を使い、真理と向き合い、自分の魂の深い清らかさをよりどころとして、けがれと身勝手から離れ、今生きている自分の心身を新しい業に出会わせるため、健気に、懸命に一瞬一瞬を生きぬき、醜い下品な痛みと悲しむ精神とそれの現れた罪、けがれ、なげきのリアルを、夢と希望と勇気に満ちた、安らぎと美しい環境へと変化させるシンデレラという一女性の人品格の神々しさ、純粋さ、を世界に投げかけられるよう、創意を込めています。 憎み切れない義母や姉妹たちも登場し、スパイスと、こころの温冷を加え、シンデレラの放つ光を際立てる舞台を、人々に捧げたいと思っております。

シンデレラ

(5/3,5/4,6/2,6/17)

森下洋子

プロフィール

王子

(5/3,5/4,6/2,6/17)

刑部 星矢

プロフィール

シンデレラ

(5/5 11:30)

山川 晶子

プロフィール

王子

(5/5 11:30)

本多裕貴

プロフィール

シンデレラ

(5/5 15:30)

佐藤 明美

プロフィール

王子

(5/5 15:30)

垰田 慎太郎

プロフィール

この物語は、1600年代初頭、ヨーロッパの中央に位置するフランス国を舞台に繰り広げられるロマンと詩情あふれる美しい物語です。 シンデレラはどれほど悲惨な境遇に追いやられようが決してくじけずへこたれず逃げ出しませんでした。その醜い環境を全く逆さの、善良で美しさあふれた環境に変え、そこかしこに散らばるさまざまな事象に慈しみと利他あふれる愛情を注ぎ、その「場」をとてつもない善性の良き香りのする美しい「場」へと変化させてしまう素晴らしい女の子です。おおよそわが身にふりかかる事柄はすべてこれを天の命として謹んでお受けするというその人生の一瞬一瞬に最善をつくす絶対的純粋態度こそが真に自分を生かすことになるのだとシンデレラは父母とこの世から学習して、体験経験をしっかり蓄積していたのです。 シンデレラはどんなにどんなに無理難題を課せられても一瞬たりとも、めげず、くじけません。 家の中に後ろ盾がなくても自分の魂の深い清らかなところ、真善美のありかを拠り所とし、父母にもらった唯一のかたみのオルゴールを母であり女神様であり聖霊でありと尊び、大切にし、健気に、また毎日を愉快に楽しく明るく懸命に生きるのでした。 一瞬一瞬に、自分の行為に、心の底から光る喜びをもち、一動作一動作の自分の所作態度自体にシンデレラ自身がみるみる浄化されてゆくかのごとく、その彼女の人生の縦糸は、苦難と困難な緯糸状況と織り結んで明暗を超越した素晴らしい織物として日々日常、現れ出でていました。 神々と精霊たちはそんな素晴らしいあまりにすごいシンデレラに、何か善きことを贈ってあげたいと思案をめぐらし、婆(時の女王)と四季の精や妖精たちによって、四季の泉から王宮で開かれる舞踏会に出発させます。 宮殿の広間に登場したシンデレラを見て、居並ぶ人たちは今だかつて会ったこともないこの世のものと思えないそのあまりの純粋な美しい乙女に息もとまるほどの感動を覚え、心の震えが止まりません。居並ぶ人々の中に彼女の純正なる美しさに心をわしづかみにされた王子がいました。この王国の次代を担う若き皇太子です。 王子はシンデレラにであった瞬間、世界観、人間観、人生観、社会観、女性観がことごとく新しい概念に一変してしまいました。 魂の意思、良心の志、とも呼べる秘められた心情激情が彼の中にわきあがってきました。 王子は女神(めがみ)に接するが如くシンデレラと踊ります。 接すれば接するほど、踊れば踊るほど、この世における「美」の極致が王子の内側に染みとおってゆくのを覚えるのです。シンデレラは神の計らいに心から感謝をささげつつ、我を忘れるひと時に身を置いていました・・・・・・が・・・・・・・ ちょうどその時王宮の時計は夜中の12時を打ちはじめます。時の神のお告げを思い出したシンデレラは無我夢中で何も告げず王宮を後にします。 黄金の馬車で走り出した途端シンデレラは粗末な姿のシンデレラへと戻り、魔法のガラスの靴の片方を宮殿に落としてきてしまいます。 王子は残されていたガラスの靴を発見し、いずこかへと消えた清い永遠の女性を必ず探し出すと決心をします。 王子一行は世界中の街々、村々、港から山へ、川へ、そして一行は時の女王の美しい計らいにより四季の泉のある場所で神々による神託を授かります。 王子よ!あなたの清い心であの方向にある聖なる場所へ行きなさい!と・・・・・・ 王子たちと出会った欲深き姉妹と義母は魔法のガラスの靴をむりやり履こうとしますが、どうしても合いません。義母はハサミで姉妹の足指を切り落とそうとします。懸命に止めに入るシンデレラ、そのポケットからもう片方のガラスの靴が転がり落ちます。この世の善の摂理を踏んで精霊たちは王子とシンデレラとのまさかの再会を演出してくれました。シンデレラと王子は互いに無限の愛に宣誓し、結婚の儀式が厳かに執り行われようとします。しかしシンデレラは、自分のみが王妃となり、特別な壇上に登るのを望みません。いただいた王妃の冠を取り外して義母と二人の姉妹のもとへ駆け出していきます。無償の愛はたった一度しかない人生においてできることの最高の価値であります。それを喜んで働くことで捧げることにいつわりはない!そんな真理を理屈なしで一瞬のうちに表現するシンデレラ。王子と義母姉妹たち、たくさんの人々はシンデレラの音をあげない愚直な心根の中、不屈の肉体の中、粗末な衣服の中に、壮麗な美神が潜まれているのに感動感涙します。 こののち・・・・・・シンデレラは王妃となり多くの善政を王子を助けながらやり遂げてゆくのです。この国はその後、時代の範ともなり、清くすぐれた歴史の範となっていったことを・・・・・・皆々様に舞台の縁よりご報告いたしたいと思っております

  • 5/3 (木・祝) 15:30 開演
  • Bunkamura
    オーチャードホールmap
  • 主演:森下洋子/刑部星矢
  • 指揮:河合尚市
  • 演奏:東京ニューフィルハーモニック管弦楽団
  • 5/4 (金・祝) 13:30 開演
  • Bunkamura
    オーチャードホールmap
  • 主演:森下洋子/刑部星矢
  • 指揮:河合尚市
  • 演奏:東京ニューフィルハーモニック管弦楽団




  • 5/5 (土・祝) 11:30 開演
  • Bunkamura
    オーチャードホールmap
  • 主演:山川晶子/本多裕貴
  • 演奏:オリジナル録音による
  • 5/5 (土・祝) 15:30 開演
  • Bunkamura
    オーチャードホールmap
  • 主演:佐藤明美/垰田慎太郎
  • 演奏:オリジナル録音による
  • 6/2 (土・祝) 11:30 開演
  • 北とぴあ
    さくらホールmap
  • 主演:森下洋子/刑部星矢
  • 演奏:オリジナル録音による
  • 6/17 (日) 13:30 開演
  • 岬ふれあい会館
    文化ホールmap
  • 主演:森下洋子/刑部星矢
  • 演奏:オリジナル録音による

5月3,4日
Bunkamura
オーチャードホール


券種 定価 ペア
GS ¥18,000
S ¥13,000 ¥24,000
S(シニア) ¥11,000 ¥20,000
A ¥10,000 ¥18,000
B ¥7,000 ¥13,000
C ¥5,000
C(学生) ¥2,500
D ¥4,000
D(学生) ¥2,000
チケット購入

5月5日
Bunkamura
オーチャードホール


券種 価格
S
¥6,000
S (こども)
¥3,000
A
¥3,000
A (こども)
¥1,500


・年齢制限なし。

・こども券:0才から中3まで。


チケット購入

6月2日

北とぴあ さくらホール


券種 価格
一般
¥4,800
北区在住 在勤 在学 ¥4,300


・北区在住・在勤・在学価格での購入は松山バレエ団と北とぴあからのお申込みに限ります。




[松山バレエ団] (10:00~18:00)
☎03-3408-7939


[北とぴあチケット売場]
(窓口のみ:10:00~20:00、臨時休館日/10:00~18:00、全館休館日/休業



チケット購入

6月17日

岬ふれあい会館 文化ホール


券種 価格
単 券
¥6,000
ペ ア ¥11,000
いすみ市在住 在勤 在学 ¥5,500


 

・いすみ市在・在勤・在学価格での購入は松山バレエ団といすみ市チケット取扱い先からのお申込みに限ります。




[松山バレエ団] (10:00~18:00)
☎03-3408-7939


[いすみ市チケット取扱い先]

いすみ市大原文化センター
☎0470-63-1222


いすみ市夷隅文化会館
☎0470-86-5000


いすみ市岬ふれあい会館
☎0470-87-8785

チケット購入

●上記料金は税込み価格です。
●3才以上入場可。(5日は年齢制限なし。)ただし入場券が必要です。
●松山バレエ団でお申し込みの場合、チケット送料を一件につき500円頂きます。

※ シニア券は60歳以上の方が対象です。当日身分を証明できるものをご携帯の上ご来場ください。
※ 学生券は中学生から24才までの学生が対象となります。学生証をご携帯のうえご来場ください。

松山バレエ団

チケットぴあ

ローソンチケット

イープラス

CNプレイガイド

楽天チケット

公演に関する詳細は、松山バレエ団公演事務局まで
お問い合わせください。